本文へ
気球アイコン気球とは?

気球の種類
気球は、浮く原理によっていくつかの種類に分かれています。

熱気球
●熱気球

私たちが「気球」と聞いて一番最初に思い浮かべるものは、ほぼこの熱気球でしょう。
1783年11月21日にフランスのモンゴルフィエ兄弟が人類史上初めて、熱気球で有人飛行を成功させました。当時は火を燃やして出る煙には空を飛ぶ力があり、それを集めたことが始まりと言われています。

熱気球について詳しくは「飛ぶ仕組み」をご覧ください。

ガス気球

●ガス気球

初めて人が乗るガス気球を飛行させたのは、フランスのシャルル教授です。1783年にモンゴルフィエ兄弟が熱気球での飛行を成功させた10日後、パリで飛行しました。
ヘリウムなどのガスを風船部分に詰め込み浮力を得ます。
上昇したいときは砂袋などの「バラスト」を放し、下降したいときはガスを抜きます。
熱気球は燃料のガスがなくなったら終わりですが、ガス気球はガスがあっても捨てるべきバラストがなくなったら終わりなのです。

ガス気球の大きな大会では「ゴードンベネットレース」という大会があります。
世界各国からガス気球が集まり、飛行距離を競います。
ガス気球は飛行距離が長いため、熱気球と違い夜間も飛行を続けることがあります。

ロジェ気球
●ロジエ気球

熱気球とガス気球の長所を併せ持つ、ハイブリッド気球です。
現在、気球による世界一周を成功させているのはこのロジエ気球だけです。
細長い球皮のヘリウム気球のガスの温度を夜間など気温の下がったとき下部の小さな熱気球部を介し温度を上げることで バラストを消費することなく高度を維持します。
てっぺんの出っ張りはヘリウムバルブを雨 氷結 等から保護します。
「ロジエ」とはモンゴルフィエの熱気球を最初に飛んだパイロットの名前で 彼はシャルルのガス気球も見ていて、この二つを組み合わせればより優れた気球になると思いつき、1784 これを実行しその気球で英仏海峡の横断に挑戦。
しかし水素と熱気球の組み合わせのため離陸直後炎上し墜落、最初の航空事故の犠牲者となりました。当時は愚かなパイロットと言われてましたが20世紀後半 英国のドンカメロンが 愚かではない、水素でなく不活性なヘリウムを使えば優れた気球になると提唱、自らそのような気球を作り大西洋横断に成功します。以来長距離飛行にはこのタイプの気球が使用されることとなりFAI が正式にロジエ気球と命名しました。

飛行船

●飛行船

飛行船は1852年9月23日にフランスのアンリ・ジファールによって初めての試験飛行がおこなわれました。
風船の部分にヘリウムなどのガスを詰めて浮力を得ます。また、熱気球やガス気球等と異なり、飛行船にはエンジンやプロペラなどの推進装置がついているため、舵をとることができます。

↑このページのTOPへ