本文へ
2019年事故状況報告書集計

事故調査委員会TOPへ戻る
┗━事故調査委員会集計へ戻る

↑このページのTOPへ

整理番号:19-023
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/12/24 2019/10/30
11:05頃
佐賀県佐賀市嘉瀬町 嘉瀬川ランチサイト コールドインフレ中に突風が吹き、フェンスに接触し球皮を破損。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
450
-
-
-
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2200 Kubicek / BB22Z(77) Kubicek / - - インフレ中 競技練習 - -
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
突風、操作ミス なし - 大会本部
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
SIBF2019 大会公式練習日の練習フライト。コールドインフレ中、横から突風が吹き、フェンスに被さり、2パネル裂けた。(どちらも50cmほどの裂け)

↑このページのTOPへ

整理番号:19-022
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/11/25 2019/11/23
14時頃
宮城県大崎市岩出山 江合川河川敷 大崎BF大会ロンチサイト インフレ時に開口部コーネックス部分を焼く。また赤道上部の1パネルを裂く。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
1033
4
7
17
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1950 INOM / 712E CAMERON / Mk4 shadow 260 229 インフレ中 競技 10 1
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
操作ミス 予定 未定 大会本部
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
大崎BF2日目午後の競技(JDG&MND)で、ロンチサイト到着が遅れてしまい、急いで離陸準備を行なった。離陸時間終了が14時20分と迫っていたので、まだ充分冷気によるインフレが終わらない中、バーナーによるインフレを行なう際に、開口部にいたクルーが開口部付近の持ち手変えようとして開口部分が一瞬下がったときにバーナーを焚いてしまい、コーネックス部分の一部を焼いてしまった。 また着陸後に、球皮の回収作業中に、赤道上部の球皮1パネル(約30cm程度。擦ったようなキズあり)に裂けを見つけた。 集合時間を間違えてしまったことが背景にあります。今後は配布される資料等をよく見て行動したいと思います。 焦ってインフレを行なった際の注意ミス。

↑このページのTOPへ

整理番号:19-021
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/11/21 2019/11/9
8:10頃
栃木県下都賀郡野木町大字友沼 松原大橋西 着陸時に逆光で見づらく、電柱のアース線に接触して切断してしまった。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
320
0
2
3
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2550 RUSBAL / 80TA CAMERON / CB2243-2 36 32 最終着陸アプローチ時 競技 - 2
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
操作ミス 予定 未定 電力会社
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
小山バルーンフェスタ1日目のタスクを終えて、着陸するために高度を下げ、ランディングしようとしたところ、前方が逆光で見づらく、電柱のアース線に接触し切断してしまった。 この度の事故により、多数の関係者の方々にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。電線の通過時には、電線との間隔を取るように注意します。 着陸時に、電柱の存在を想定していなかった、周囲を見て電柱がないか確認していなかったと思われる。

↑このページのTOPへ

整理番号:19-020
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/10/31 2019/10/30
9:20頃
佐賀県佐賀市鍋島 ゴール101の南西10m付近の休耕田 着陸直前にバーナーを焚いた際、曲がっていたためか、パネル3枚と開口部ノメックスを焼損した。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
311
6
6
6
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1840 UIltraMAGIC / M65C UltraMAGIC / Mk32 76 64 最終着陸時 競技練習 20 0
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
操作ミス 予定 約20万円 大会本部
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
SIBF2019公式練習日。PDGの練習で高度1,000ftからのアプローチ。地上10mまではスムーズに降下したが、着陸直前に焚いたバーナーが、傾いていることに気付かず開口部を焼損。 急降下中は上を視認しながら焚いており、焼いていないことを確認している。地上10mほどで、マーカーを振り回しながら投下し、更に降下(地上2〜3m)した際に、ダブルを焚いたが、そのときに焼損したと思われる。着陸してクルーに指摘されるまで気付かなかった。 急降下から一度降下速度を緩め、その後着陸直前に焚いたときに焼損している。

↑このページのTOPへ

整理番号:19-019
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/9/29 2019/9/21
9:10頃
宮城県名取市閖上 閖上小・中一貫校グラウンド 係留後のデフレ時、2m/sくらいの風が吹き、他機で使用していたアンカー車両に一部被さり、球皮の1パネをカギ状に裂いてしまいました。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
177
0
4
19
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1840 INOM / 712-65B Lindstrand / Bu008-A-002 90 82 係留デフレ時 係留 19 2
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
判断ミス 未定 未定 なし
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
数機で復興係留をしていました。風も穏やかで、無事係留を終了しました。終了に伴い、クラウン(男性2名)を配置しデフレ開始しました。1/3くらいになったときに、突風が吹き、他機で使用していたアンカー車両の一部に球皮が被さり、赤道より2段上の1パネルをカギ状に裂いてしまいました。 アンカー車両は、善意による保冷庫付きトラックの車両でした。具体的に、車両のどの部分に引っかかったのかは不明ですが、「もしも、アンカー車両に、」と想像しなかったのが、原因と思います。今後は、「もしかして、」といったことに配慮し、アンカー車両の近辺等にクルーを配置するなどの心がけを致します。 デフレ時に、万一のときの球皮の可動範囲についての配慮が不足していた。

↑このページのTOPへ

整理番号:19-018
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/9/29 2019/9/14
8:03頃
三重県亀山市太森町764付近 着陸時、バウンドしたことによりリップラインを引き過ぎ、球皮がバーナーにかぶり、球皮2か所をバーナーの熱で損傷した。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
27
0
0
2
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2200 UltraMAGIC / H-77 KAVANAGH / KBS4-2 120 194 最終着陸時 JOY 25 0
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
操作ミス 予定 推定3万円 なし
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
鈴鹿川河川緑地を07:15離陸。地上風は0.5〜1m/s。おおむね川沿いに西へフライト。上空は4,000ftで3〜4m/s。東名阪(E23)亀山JCT手前の刈取田に08:03着陸。着陸地は0〜1m/sの風。 普段のフライトではあまりないトウマンよりの風にて亀山方面へのフライトでした。東名阪自動車道付近までフライトしてしまい、着陸場所も、これ以上進行すると無くなるエリアへフライトしてしまい、焦りもあり、操作ミス(リップの引き過ぎ)をしてしまいました。 山際の田んぼに着陸する際、リップを引き過ぎたことと、地上風がほぼ無風だったため、球皮が真下に落ちてきたものと思われる。

↑このページのTOPへ

整理番号:19-017
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/6/12 2019/6/8
7:16頃
佐賀県佐賀市嘉瀬町 嘉瀬川河川敷 南ランチ ランディングの際に接地後バウンドし、制止しきれず気球全体が嘉瀬川に着水。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
48
1
2
10
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2250 INOM / 812-79B Thunder&Colt / C3 372 339 最終着陸時 競技 20 5
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
判断ミス、操作ミス なし - 大会本部
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
佐賀市長杯1日目のフライトにおいて、Task#1 FINのマーカー投下後、JR線路をクリアするために上昇。この時点で河川敷内での着陸を視野に入れており、高度が上がり過ぎていたため、リップを引いて降下。降下率が予想以上に速く、接地手前まで焚いた後にフルリップで引いたがバウンドし、2回目の接地場所は嘉瀬川近くの舗装道路(ランチサイト川岸側道路)付近であった。地上付近も風が吹いていたため、球皮が倒れるような状態で嘉瀬川の方向に引きずられ、バスケットおよび搭乗者も含めて嘉瀬川に着水した。 水深は約125cmでクルー含めて人的被害は無かった。駆けつけて頂いた気球関係者の皆様のご協力の元、人力での引き上げ及び河川敷内でのインフレを行ない、球皮を乾燥させた。機体の損傷を確認したところ、天頂部から3パネル目付近にL字型の裂け目(8X7cm)があったため、修理を依頼し、翌日に再度球皮の乾燥及び状態確認を実施した。 当日の天気は曇。逆転層がなく、6〜7時頃にはCLP付近を中心にシアーが通過する予想で風の乱れが懸念されていた。(若葉杯はキャンセルとなっていた。) JR線路をクリア後に高度が上がり過ぎた時点で、無理して河川敷内にアプローチせず、次の着陸地へと判断を移すべきでした。また、風が不安定な状態であり、機体のサイズが大きいことや不慣れなクルーも多かったことを考慮すると、キャンセルの判断や搭乗者にP2をつける等、対応するべきだったと反省しております。着水後にすぐに駆け付けて頂いた多くの皆様のおかげで、被害を最小限にすることができました。心より感謝申し上げます。 離陸地の風の状況から、搭乗者の気球経験を考慮し、フライトをやめる勇気が必要でした。PICは事故数日前までのフライトでは別の機体を操縦していたこともあり、異なった機体での操縦感覚のミスマッチがあったため、予想以上の降下率になったと推測する。気象の知識が豊富だったため、観測データから海側の方がより強い風が吹いているという認識があり、着陸地を河川敷内にこだわり過ぎたことも1つの要因。

↑このページのTOPへ

整理番号:19-016
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/6/6 2019/1/6
9:30頃
岡山県岡山市東区寺山 吉井川河川敷 インフレ中に風向が変化して機体に捻れが生じ、1本のリジッドポールの根本が折損。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
203
3
5
16
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2200 UltraMAGIC / H-77 UltraMAGIC / Mk21-w 282 320 インフレ中 トレーニング 5 3
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
判断ミス なし - なし
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
Pu/tトレーニングフライトで河川敷から気球を立ち上げようと、堤防近くでレイアウトし、バスケットをチェイスカーにクイックロープでつないで、球皮を風下側に伸ばして、インフレーターにて球皮内への送風を開始した。インフレ中、風向風速が安定せず、バスケット-リジッドポール-球皮-クラウンロープに捻れが生まれ、1本のリジッドポールの根本が折損。すぐにリップラインを引き、インフレを中止した。 - 風向や強弱が、堤防の影響を受け、機体に捻れが生じるかも知れないことへの配慮が不足していた。

↑このページのTOPへ

整理番号:19-015
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/5/27 2019/4/28
7:00頃
長野県佐久市 家畜改良センター茨城牧場長野支場 ランディングの際に接地後バウンドし、制止しきれず建物に当たった。風により球皮が傾いた際、建物から突き出ていたアンテナの方へ球皮が傾き、スクープ部分に突き刺さり、再度球皮は直立したためアンテナに負荷がかかり折れた。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
38
3
12
23
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1841 Kavanagh / EX-65 UltraMAGIC / PowerPlus-D-BMK-008 349 301 最終着陸時 JOY 0 2
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
判断ミス なし 未定 佐久BF大会本部
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
大会前の、クルーによるJOYフライト。建物の持ち主の方に謝ったところ、今は廃屋で使用していないので弁済不要とおっしゃってくださった。 付近を飛行していた気球が着陸後風に引きずられている状況を見て、早く降りた方が良いという焦りから着陸地選定ミスと操縦判断ミスが生じたのだと思います。フライト全体としては、他気球が飛んでいるから大丈夫という判断での離陸に始まっており、フライトプランが不十分であったのではないかと反省します。風向に合わせた着陸予定地をより明確に把握していれば、早く着陸したいという気持ちを冷静に抑えて、より広く安全な場所を目指すことができたはずだと思います。またPIC経験が少しずつ増えていく中で自信過剰になっていた部分も大いにあるため、大変反省しております。今後は周りに流されて判断することなく、必ず自身でフライトプランを立ててからフライトするように徹底いたします。 奥に建物のある狭い場所に降ろそうとしてバウンドしてしまったための事故。

↑このページのTOPへ

整理番号:19-014
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/5/23 2019/4/21
8:30頃
栃木県栃木市 渡良瀬遊水地 道路横の葦原に着陸後、風にあおられて道路の方向に流されて、駐車中の車にバスケットが衝突し、車側面に傷をつけた。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
19
2
4
19
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2550 CAMERON / O-90 CAMERON / Mk4 w 273 122 最終着陸時 JOY 6 2
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
判断ミス 予定 推定27万円 なし
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
1回目の着地で少し上がり、2回目の着地で地面につく。その後、急に風に流され、道路側に引きずられて、駐車中の車に衝突。 2回目の着地後にパラシュートを思いっきり引っ張り、浮力を無くして留まれば、球皮が車に被さる程度で済んだと思います。 風が出てきた場合、地上風が左右に振られるので、今回のように進行方向斜めに車などある場合は、着地ポイントを慎重に選ぶべきです。

↑このページのTOPへ

整理番号:19-013
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/5/9 2019/4/21
7:23頃
富山県砺波市中村 チューリップバルーン2019ランチサイト ランチサイトよりの一斉離陸(HNH)。 離陸直後に球皮を引き込み線(ケーブルTV)に接触させ切断した。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
34
0
1
3
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1840 INOM / 712-65B CAMERON / Mk4 super-s 61 92 飛行中 競技 10 1
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
判断ミス、確認ミス 予定 未定 大会本部
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
チューリップバルーン2019の2日目朝のフライトにおいて、離陸直後に進行方向の上部に他熱気球を確認。2機の上昇スピードについて、当方熱気球の方が速く、接触の可能性を感じたため、リップラインの操作による球皮内の熱気調整を行なった。その後、想定よりも浮力を失ってしまったため、機体が下降した。バーナーを焚き続けたが、上昇することができずに、進行方向に引かれていた引き込み線に球皮が接触した。接触現場は運動公園で、接触した引き込み線の真下に公園を囲むフェンスが存在しており、バスケットがそれに接触したため、機体は進行を停止したが、引き込み線が球皮に圧迫されたことにより、切断されてしまった。なお、フェンスに被害は無かった。 事故後は直ちに大会本部へ状況等を報告。引き込み線は砺波市の施設、中村体育施設へ」通じており、大会本部の協力をいただいたうえ、被害を与えてしまった砺波市に対しては適切な対応を致します。また、自チームのバスケットについては上記の通り、一部の破損であり、当方で修理可能と考えている。当日の天気は曇りで、風は北から南へ約1m程度。当該機体にはP1、P2の計2名が乗っていた。 このたびの事故により、多数の関係者の方々にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。今回のそもそもの事故原因は、離陸時の状況判断にあったと反省しております。離陸のタイミングについて、先に離陸した他の気球との間隔に、より余裕を持つべきであったと考えております。今回はその感覚が小さかったため、自身より上空を飛行中である気球との接近速度を調節するために離陸直後にリップラインを操作し、その結果、事故を起こしてしまいました。当日のランチサイトの状況を考えると、離陸直後にリップラインを操作することは好ましくなく、そのような状況を作ったことに反省しております。 以後、離陸時の状況確認について、フリーフライトでも当然ではありますが、特に大会におけるフライトでは、決して同じ状況を作ることがないよう、より一層の注意を払います。また、チーム内でも今回の事故状況では、乗員していた者と地上で待機していた者と充分に検証を行ない、事故を未然に防ぐため、努めてまいりたいと思います。 当日は風がほとんど感じられず、上空の風は少しの層によっていろんな風が吹いていたと思われます。前日はキャンセルでしたので、一斉離陸で早く飛びたい気持ちは分からなくもないですが、確認と判断のミスで招いたと思われます。一呼吸おいて飛び立てばよかったですね。

↑このページのTOPへ

整理番号:19-012
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/4/8 2019/2/24
8:30頃
佐賀県小城市芦刈町一本松 牛津川河川敷 チェックフライト時にハードランディングをし球皮を焼損した。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
0
0
0
0
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2190 INOM / 724-77NS CAMERON / Mk4-w 182 191 中間着陸時 Pu/tチェックフライト 8 2
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
操作ミス 予定 28万円見込 なし
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
イグザミナーとPu/tとのチェックフライト。 7:57嘉瀬川河川敷より離陸。低空でのレベルフライト後、河川敷へ着陸。その後再離陸し、高高度でのレベルフライトをした後、牛津川河川敷を着陸地に選定し着陸を試みた。500ft以下から徐々に高度を落とし、リップを引きながら着陸を試みた。その際リップを引き過ぎたため、河川敷法面手前の葦原にハードランディングした。その際、気球はバウンドして飛び上がり、ポーポイズ状態に陥り法面に再接地した。その衝撃でサイレントバーナーが開いてしまい球皮を焼損した。気球は再度離陸し機長は気球の操作に集中できていなかったため、イグザミナーがバーナーを握り、機長が落ち着いたところで気球の操縦を交代し安全なところに着陸し回収した。 リップを引きながら着陸することは分かっていたが、気球をうまくコントロールすることができず、ポーポイズ状態となり、2回目の接地の際、サイレントバーナーを閉める状態にしなければいけなかったが、焦ってしまって開けてしまった。着陸の際は余裕をもって距離を取り、急降下にならないように操作しなければならないと思った。 冬の葦原では、火災に充分に注意をしてください。緊急時にはメインを使うことも指導してあげてください。

↑このページのTOPへ

整理番号:19-011
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/4/8 2019/4/7
6:30頃
栃木県栃木市藤岡町 渡良瀬運動公園グラウンド インフレ中に下草に引火し、球皮4パネル焼損。人的被害無し。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
680
5
11
23
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1840 UltraMAGIC / M65C UltraMAGIC / Mk21-w 128 111 インフレ中 競技 8 0.3
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
操作ミス 予定 約7万円 大会本部
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
渡良瀬バルーンレース最終日、運動公園よりの一斉離陸。インフレ中に下草に引火、4パネル焼損&下から5パネル目を17cm切り裂いた。人的被害無し。 当日の地上風は穏やか。P1は競技のゴール設定のためにP2にインフレを依頼、気球に背を向けていた。P2は、いつものようにスクープを折り畳んだ状態でインフレ開始した。バーナーの炎は開口部の真ん中を狙っていた。バーナーON2回目に下草に引火した。P2はバーナー種火を消火し、次いでインフレータを停止した。P2、クルーがすぐに足で炎を踏み消そうと試みた。同時に別のクルーがバスケット内の消火器を取り出した。足踏み効果で一旦炎は沈下したかに見えたが、ほっとするのもつかの間、折り畳んだスクープの下ではまだ火が燃え続けており、ノメックスの1段上の球皮に燃え移った。再着火を発見したクルーがすぐに消火器を噴射、火災は鎮火した。P1は車両から予備の消火器を取り出し再着火に備えたが、使用することなく火災は完全に鎮火した。またこの際、消火作業のため、クルーが開口部および側面から手を離したため、隣に駐車していた気球車の屋根部分に球皮がかすり、下から5パネ部分を17センチほど切ってしまった。 反省すべきは、いつもインフレに使用しているスカイフィールド渡良瀬の地面は、朝露を帯びた生きた雑草地帯であり燃えづらいが、今回は枯草の広がるグラウンドでの立ち上げだったため、燃えやすい状況であることを失念していたこと。次回のフライトからは、スクープをバーナーフレームまでつなげた状態でインフレすることをチーム内のデフォルトとする。(従来は、地面が燃えづらい状況では、スクープが痛むことを防ぐために折り畳んでインフレしていた。) すぐに消火器を出して消火したため、延焼を小さく抑えることができた。インフレ時のスクープの取り扱いなど、なぜそうするのかの理由を、ちゃんと説明して理解してもらってください。形骸化しないように努めてください。

↑このページのTOPへ

整理番号:19-010
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/3/22 2019/3/17
8:30頃
青森県上北郡野辺地町 八戸学院野辺地西高等学校サッカーグラウンド 機体登録更新の機体チェックが終了して最終着陸時、風向きが変わって立ち木の方に流され、立ち木に引っかかって球皮が損傷した。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
63
0
0
2
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1590 Lindstrand / EA-056 Lindstrand / BU-007 71 55 係留中 機体チェック係留 - 3
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
球皮5か所破損 判断ミス 予定 未定 なし
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
機体チェックが終了し、回収しやすい場所に移動するため少し上昇したところ、風向きが変わり、グラウンド横の立ち木に引っかかってしまった。 凍結して固着していたサッカーゴールをアンカーにしていたが、気球に引っ張られて動いてしまった。 天気は曇り、風の出ない朝に行なっていたが、風が出てきてしまった。 今後は、アンカーにするのは固定物にし、係留ロープを3本以上にしたい。 気球が風を受けた時の動きや慣性質量(約2ton)をあまり考慮せず、安易にアンカーを取ってしまったために起こった事故。

↑このページのTOPへ

整理番号:19-009
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/3/8 2019/2/23
9:00頃
新潟県小千谷市片貝 田(雪原) 最終アプローチ時に速度がついたまま接地、その際バーナーが傾き、それに気付かないまま火を焚いたことにより機体を損傷。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
45
3
12
45
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1950 INOM / 716-69NS CAMERON / Mk4-s 50 51 最終着陸時 競技 0 3
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
操作ミス なし 未定 なし
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
小千谷風船一揆初日、エントリーパイロットとしてフライトに参加。2つのタスクを終えてイオン小千谷店の北側に中間着陸し、2m前後の風があったものの、北側の林を越えた先にまだ降りられる広い雪原があったことを確認していたので再離陸。15分程度フライトし、中間着陸前の想定通り、林を越えた先の雪原で最終着陸を試みるも、降下速度が速い状態で接地してしまいバウンド、しばらく先に電線が見えていたため、風の速さを考慮して一度レベルフライトに移行しようとした。この時、接地の衝撃によりバーナーが傾いていたことに気付かずに火を焚いてしまったため、パネルを損傷。接地した場所は雪原であったため、第三者や作物などへの被害は無し。バーナーの傾きを直して着陸地を探してフライトを継続、少し先に着陸可能な畑があったため着陸し、フライトを終えた。 中間着陸の際に風が吹き始めていたため、無理に再離陸する必要はなかった。また最終アプローチの際、降下を少し焦ってしまい、リップを数秒引いて降下したが、普段と同じ感覚で止めようとしたところ、地上が雪原であったためか地上までの距離感が正しく掴めておらず、速度がついたままの接地になってしまったように思われる。また、普段はバーナーが傾いてしまうようなことがないため注意を怠ってしまったが、今回のような接地の際にはバーナーの向きを確認を怠ってはならないと痛感した。 雪原は水面と同様、高度感を誤りやすいので、ときどき横方向も見る等、高度や垂直方向速度を確認するよう心掛けてください。

↑このページのTOPへ

整理番号:19-008
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/2/14 2019/2/9
9:35頃
北海道足寄郡足寄町上芽登(藻岩山山中、9073/0068付近) 丘陵に差し掛かった折に突風があり、バスケットが立ち木に接触、上昇できずに球皮も林により裂傷し、意図せずに着陸した。(着陸地を選定中で高度が充分ではなかった。)
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
1
1
1
1
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2270 CAMERON / C-80 CAMERON / shadow-s 100 76 飛行中 競技 -20 -
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
判断ミス 予定 未定 大会本部
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
着陸地選定のため北風ないしは西風を探していたが、上手に風を掴むことができず、丘陵に差し掛かった際、山間より発生したと思われる突風に流され、球皮が叩かれ、上昇することがかなわず、バスケットが林に接触。続き球皮も接触し裂傷したため、意図せず林の中に着陸した。着陸後、直ちに大会本部に電話し、状況や現在地を報告。道路まで直線距離約1km程度であったため、徒歩で林の中から移動し、クルーの乗用車で本部へ向かった。機体のみ損傷で、人損や物損(対物)は全く無かった。 離陸前ブリーフィングが不充分で、飛行計画の共有などがチーム間でできていなかった。結果、離陸地の選定や、メリハリのある飛行に難を示すこととなった。最大の要因は、機長にとって初のPICフライトであることや、技能証を取得後3回目のフリーフライト搭乗であることなど、技能が未熟で的確な判断ができなかったことであり、経験不足であるとの認識です。事故受付や救助の準備にあたっていただいた皆様に、心よりのお詫びと感謝を申し上げます。 事故の主原因はPICコメント欄にあるように、技量未熟なまま困難な飛行に至ったことにあるが、同乗P2との重大な意思疎通不足も推察され、P1の役割や責任等を今一度再確認する必要があると思われる。

↑このページのTOPへ

整理番号:19-007
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/1/25 2019/1/2
7:30頃
宮崎県えびの市南岡松付近 インフレ時、球皮を立ち上げたときに、突風が吹き、球皮が横倒しになった。その時、開口部をバーナーで損傷させた。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
416
4
6
7
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1950 INOM / 712-69B CAMERON / Mk4-W super 135 163 インフレ中 JOY - 3
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
強風、操作ミス 予定 未定 なし
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
インフレ開始時は2〜3m/s程度のやや強い目の風であった。特に危険はないと判断しインフレを開始。球皮を立ち上げ、離陸寸前に突風が吹き、球皮が横倒しになった。バーナーをOFFにするタイミングが遅れ、開口部を焼損してしまった。 やや強風でのインフレだったのでもう少し慎重にインフレしていれば焼損をまぬがれたかもしれない。焼損の程度が軽微だったのでそのまま離陸。 立ち上げ時の突風に対応しきれなかったために起こった事故。

↑このページのTOPへ

整理番号:19-006
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/1/25 2019/1/1
9:00頃
宮崎県都城市西高木付近 インフレ時、冷風にて球皮を膨らませいる時に、突然風向きが逆になり、農道の脇にあったコンクリートの構築物に球皮の一部が引っ掛かり、鍵裂きが出来た。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
415
3
5
6
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1950 INOM / 712-69B CAMERON / Mk4-W super 134 161 インフレ中 JOY - 2
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
判断ミス 予定 未定 なし
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
インフレ時、風向きが逆になったため、球皮がアンカーの車を中心として逆方向に回転し、農道の脇にあったコンクリートの構築物に引っ掛かった。 鍵裂きの大きさは約30cmx30cmくらい。 風向きが逆になった時、リップアウトをもう少し早くしていれば、球皮の損傷を避けられたかもしれなかった。なお、鍵裂きはリペアテープにて補修し、飛行を継続した。 あぜ道でのレイアウト時に、風の急な変化に対応できなかったために起こった事故。

↑このページのTOPへ

整理番号:19-005
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/1/16 2018/12/22
8:10頃
佐賀県吉野ヶ里町(吉野ヶ里歴史公園付近) 降下中バーナー操作を誤り開口部付近球皮を焼損。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
164
2
3
18
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1850 UltraMAGIC / M-65C UltraMAGIC / Mk-21 w 222 182 飛行中 競技 12 1
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
操作ミス 予定 約12万円 大会本部
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
吉野ヶ里大会初日。2個目のゴールへ向かうため上昇し、ゴール近くになったことから、リップを引き速い速度で降下を始めた。その後降下速度を調整しようとバーナーを焚いたところ、バーナーの火が開口部付近球皮に当たり焼損する。 競技中、高度2500ft付近からの降下中に、機体の変形を目視確認しながらバーナー操作を行なったが、風の境の速い層から遅い層に移動のためか、予想以上にバーナーの炎が廻り球皮に当たった。下降中の球皮及びバーナーの位置、焚くタイミングなどの操作ミスが重なったものと思います。 高高度からの急降下時、常に開口部とバーナーの炎の位置関係を注視しながら操作する必要があるが、ゴールに寄せることに集中し、注意力が散漫となった、うっかりミスと思われる。

↑このページのTOPへ

整理番号:19-004
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/1/16 2018/12/30
8:30頃
静岡県御殿場市保土沢 空き地 着陸時に、電柱から住宅への引き込み架線に球皮が覆い被さった。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
3
3
3
39
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2190 INOM / 712-77B CAMERON / Mk4 w 59 58 最終着陸時 JOY 0 2
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
判断ミス なし なし 電力会社
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
着陸した際、地上風によりバスケットが引きずられ、電線に近づいてしまった。地上クルーは到着しておらず、バスケットを押さえることができないため、その場でリップラインを引き、デフレーションをした。結果、電柱から住宅への引き込み線に球皮が被さるかたちとなった。東京電力に連絡し、高所作業車を用いて、東京電力作業員により、被さった球皮を回収した。電力線、球皮に被害なし。 もっと早くから高度を下げ、着陸するタイミングを手前にすれば良かった。そもそも、もっと広さに余裕のある着陸地点を選択するべきだった。 初心者パイロットのため、制動が充分にできなかったものと思われる。

↑このページのTOPへ

整理番号:19-003
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/1/6 2018/12/30
8:10頃
佐賀県小城市芦刈町浜枝川 牛津川堤防法面下(1128/7840) 最終着陸の際、土手手前でリップを引いて接地したものの、強風で引きずられ、土手を越えた先の電線(低圧電線)に球皮が覆い被さった。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
92
0.2
9
12
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2000 Kubicek / BB20GP Lindstrand / Jetstream w 142 122 最終着陸時 JOY 1 4
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
強風、判断ミス、確認ミス なし なし 電力会社
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
多久市東多久町の牛津川河川敷を離陸し嘉瀬川河川敷を最終着陸目標とするが、北成分が強く牛津川河川敷に変更。左岸土手を最終着陸地に決めて牛津川を横断後、バスケット底面が葦に触れる高さから土手の手前でリップを引いて接地を試みたが、高さ10センチ超のブロックむき出しの護岸だったためスピードが落ちず土手の手前で止まらなかった。引きずられながら土手を下った後、電線の手前でバスケットは止まったが、進行方向に電線(低圧電線)があり、球皮がひっかかった。 九電の作業車に来てもらい球皮を回収。電線や周辺への影響はなかった。 牛津川の土手に当てて止める予定であったが、土手法面がコンクリートむき出しのブロック積みで覆われていたため思い切りリップを引くのをためらってしまった。 川の水面を越えた後は葦の背丈すれすれを飛行してきたため、着陸予定地のむき出しブロックに寸前まで気づかなかった上、土手下に電線があることにも直前まで気づかなかった。 電線の存在を認識した後、もう一度上昇して電線を回避するのは、浮力を失っていた状況から困難と判断した。 PICに聴取した処、やや強い風で着陸寸前にコンクリートブロックに気付き、ブロックの手前でも過ぎた直後にも直ちに停止することは困難だった模様。今後はこういうこともありうるということを教訓にして強い風での着陸場所の選定やアプローチを行うよう気を付けていただきたい。

↑このページのTOPへ

整理番号:19-002
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/1/6 2018/12/22
8:01頃
佐賀県神崎町志波屋 第29回吉野ヶ里杯の競技フライト時、#1HWZのゴールにアプローチ中にゴールへのアプローチに集中しすぎ、バーナーが傾いている事に気づかずにバーナーを使用したため、炎で球皮を4パネル損傷したもの。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
138
5
21
29
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1982 CAMERON / TR-70 Kubicwk / Ignis w 102 76 飛行中 競技 12 2
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
操作ミス なし 不明 大会本部
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
第29回吉野ヶ里杯の競技フライト時、#1HWZのゴール(#50)にアプローチ中にゴールへのアプローチに集中しすぎ、バーナーが傾いている事に気づかずにバーナーを使用したため、炎で球皮を4パネル損傷したもの。 ゴール手前200m付近、500ftの5m/sの東風で進行し、地上の南風2m/s前後に合わせてゴールに近づくフライトプランで飛行していた。最後のアプローチで一気に降下し、地上20ft付近で降下を止めた際に損傷した。地上への接地、他の気球への接近はなかったが、球皮がスクープ、ナイロンを合わせ2段4パネルを損傷。上空、地上から球皮の損傷を確認し継続航行可能と判断しフライトを続行した。 ターゲットへのアプローチ中にターゲットを注視しており、上空を確認せずにバーナーを使用したため、バーナーが傾いていることに気がつかず、4パネルを損傷した。基本的な確認動作をせずにバーナーを使用したため、今回の事故につながった。今後のフライトではバーナーを焚くときは、バーナーの向きを確認して使用するように心掛けてフライトを行います。 PICに聴取した処、焼損時の体勢は前のめりになり、腕を後方に伸ばして焚いていたとのこと。 バーナーを焚くときは、バルブを引っ張ったり体重をかけたりしないよう、常日頃から姿勢や立ち位置に気を付けていただきたい。

↑このページのTOPへ

整理番号:19-001
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2019/1/8 2018/11/10
15:30頃
栃木県小山市小袋 小山大会10日午後の競技フライトにて、離陸後強いサーマルに巻き込まれ、大豆畑に着陸、数十メートル引きずられ大豆畑に被害発生。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
128
6
9
39
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
3000 RUSBAL / )"TA RUSBAL / AT80.3 33 40 最終着陸時 競技 22 6
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
乗員1名足首捻挫。大豆畑に数十メートルの損害。 判断ミス 予定 未定 大豆畑所有者
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
・11月10日小山大会1日目午後の競技フライトを実施 ・離陸直前から風が強くなり始めたが、風下の気球から離陸し、当機が離陸しなければ後続の気球が飛べない状況。 ・15:00頃離陸。離陸したすぐ後に、競技キャンセルの笛が鳴り、後続機はフライトしなかった。 ・先に飛んだ機体がサーマルに巻き込まれ、コントロール不能になっている様子のため、離陸後すぐに着陸態勢に入る。 ・低空ですぐに降りられる高度を保っていたが、風が読めいなため、進路方向で着陸地を探す。 ・電線を避けられる田んぼを進路方向に確認し、アプローチしたがトラクターが近づいてきたため断念。 ・電線を避けるために再度高度を上げるのはサーマル状態のため危険と判断し、その先の大豆畑に緊急着陸。 ・着陸後、強風で数十メートル引きずられ、大豆畑に損害、乗員も1名足首を捻挫。 ■原因 ・パイロット自身の経験不足による冷静な離陸判断、天候判断ができていなかった。 ・着陸地の選定ミス。着陸を急いだため視野が狭くなり、着陸地先の田んぼが見えていなかった。 ■対策 ・周りの気球につられずに天候判断をして、自身の実力で安全なフライトが出来るか判断する。 ・緊急の場合を除き、目前の最終着陸地を決める前に、その先の候補地を冷静に検討する。 当日の状況、風で、パッセンジャー/新人を4人乗せてのフライトは、かなり危険だと思われる。

↑このページのTOPへ

整理番号:18-020
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2018/11/16 2018/10/28
14:00頃
島根県邑智郡邑南町下田所280 邑南町立瑞穂小学校校庭 係留でのデフレ時に、パラシュートの滑車に球皮がからまり、球皮が裂けた。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
51
7
7
51
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2200 UltraMAGIC / H-77 UltraMAGIC / Mk-21 w - - レイアウト中 係留 - 4
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
操作ミス なし なし なし
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
地域のイベントでの係留でのインフレーション中の出来事。天候は晴れ。風の予報は3m/sで西北西から北西の間。14時頃から徐々に弱まる予報。 14時になりそれまで吹いていた4m/sの西風が弱まったので、再度係留をしようとレイアウトした。風に対して順方向に球皮をレイアウトして急いでインフレーションを開始した。だが、球皮に半分くらい空気が入ったところで再度体感4m/sほどの風が吹き始め、このままでは立ち上がらないと思い立ち上げを断念。P1は天頂部の方でベルクロをつける作業と球皮を広げる作業をしていたため、開口部にいたP2にリップアウトを指示。P2はリップラインをひきベルクロを全部剥がしてデフレーションの体制に入った。ただ、クルーが一人球皮の中でシュラウドラインが絡んでないか確認していた最中であったため開口部を完全に閉じることができなかった。パラシュートの動滑車部分が球皮に触るまで空気が抜けたところでさらに空気が球皮内と球皮下に入り込んでしまい、その最中もリップラインをさらにひき続けたため滑車内にナイロンが入り込んで絡まり、さらにテンションを加えたため、結果として1パネル分のL字型の裂け目が生じた。 14時から風が徐々に落ちていく予報というのを過大に評価してしまった。予報はあくまで予報であって14時ごろに風が弱まったのが予報にあるものなのか少し時間をあけて吟味する必要があった。 また気球に慣れてないクルーが多くいた中でのインフレーション、デフレーションであったのでしっかりクルーを統率できてなかったのも損傷の一因であるように思う。パイロットの仕事、クルーの仕事の分担をきちんと説明しそれに沿って実行させていれば、球皮内にクルーが取り残されることはなかったし、もう少し早く対処ができたのではないかと感じた。 初心者クルーが多い状態で、突風にうまく対処できなかったもの。

↑このページのTOPへ

整理番号:18-019
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2018/11/10 2018/11/1
9:30頃
佐賀県佐賀市嘉瀬町 嘉瀬川河川敷ランチサイトAコート 係留中、開口部、球皮を焼損。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
523
0
0
19
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
5100 CAMERON / Z180 Kubicek / Ignis triple 16 9 係留中 係留 10 1
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
操作ミス、確認ミス 予定 未定 大会本部
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
SIBFキッズデーにて園児を乗せて係留(浮かさない)。写真撮影のため誘導のクルー2名とP1がパッセンジャーコーナーに(2パーテーションバスケット)P2がバーナー操作でパイロットコーナーに乗っていた。幼稚園児は10名搭乗。扉を開けての写真撮影のため、かなり熱気を抜いた状態となり軽い重量でほぼ風が無いため球皮がたるみ開口部を焼く。  球皮が重さで真下に落ちてきて真っすぐ立っているがワイヤーがたるみ開口部がつぶれ焼いたと思われる。 キッズデー当日は風もなく、子供たちの安全のため浮かさない様クルーもゴンドラを押さえていたが、あまりにも軽すぎたのか球皮がたるみ(デフレーションの時、クラウンの引きが弱いと球皮がバーナーに落ちてくるような感じ)それに気づかずバーナーを点火してしまった。AX10ほどの気球は球皮が安定する重量を常に意識しないといけなかったと思う。 浮かさない係留とはいえ、大勢の幼稚園児をバスケット内に入れることで、通常とは異なる状況になり、また高い注意力が必要になると考える。係留規定では地上責任者を定めるよう規定しており、地上責任者に常に係留の全体を見守る様に指示しておくこと。

↑このページのTOPへ

整理番号:18-018b
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2018/11/15 2018/11/1
8:00頃
佐賀県小城市芦刈町三王崎14 小城小学校北側付近 競技中の空中接触(下側) 2018SAGA International Balloon Fiestエントリー2日目午前競技飛行中、上空の同大会フェスタ部門エントリー気球のバスケット部と接触、天頂部のパネル破損し緊急着陸をした。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
468
8
13
28
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1982 CAMERON / TR-70 CAMERON / shadow w 158 131 飛行中 競技 - 2
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
確認ミス 予定 未定 大会本部
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
大会2日目午前のTask5FONからTask6FONに向かう競技中、8時頃、高度900ft付近。上方機は海外からのフェスタ参加機で搭乗者は1名、下方機は日本選手権参加機で搭乗者は2名。チェイスカー1台。地図は別紙参照。 下方機パイロットはTask5FONで選定したゴールに近づいた為、リップラインを引いて降下しゴールの西側田んぼ内に地上55メートル付近でマーカーを投下、その後南西方向に流されながらPICとP2で周りに機体がないことを確認、地上クルーは少し離れて走行中で確認は未実施、次のTask6FONゴールに向かう為、上昇を開始、そのまま2m/sで上昇を続けていたところ、上空から叫ぶ声が聞こえリップラインを引こうとしたが、直後に接触、上方機のバスケット部が開口部付近ナイロン部を突き破り球皮内にバスケット部分が侵入したのを確認。上方機はバーナーを焚き球皮内から上空に離脱していった。(その時には相手のゼッケンナンバーは確認できていなかった。)下方機の機体は、しぼんだ状態で降下、開口部は開いておりダブルバーナーを焚き続けるがコントロール不能なままおよそ1分後に接触付近から150m程離れた刈り取り後の乾いた田に緊急着陸。 着陸時は、激しく地面にたたきつけられ、球皮がバーナーにかぶさってきたが、スクープまでにとどまった。リップラインを引きバウンドを最小限にとどめる操作を行った。着陸寸前にパイロットバーナーは消していたため、スクープおよび球皮への火災はなかった。また、乗員2人にケガはなく、着陸地付近の被害はなかった。回収時に球皮損傷部確認、天頂部のハイパーラスト1パネル、ナイロン部2パネル。 回収している途中で接触した相手のパイロットが状況を確認に来て、フェスタ参加の機体であったことがわかる。上方機は離脱後速やかに着陸、機体に損傷はなく、乗員にケガがないことを確認した。 直前のゴールでのアプローチ後、P2と周りの気球を確認し、ゆっくりと上昇する判断をしたが、地上クルーの確認を合わせてする必要があった。 下方気球のロガーデータを分析すると、衝突前後の上昇速度は2m/s前後であった。 上方気球のバスケット下部に、球皮を裂くようなモノがあったかどうかは不明。

↑このページのTOPへ

整理番号:18-018a
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2018/11/1 2018/11/1
8:00頃
佐賀県小城市芦刈町三王崎14 小城小学校北側付近 競技中の空中接触(上側)
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
2400
-
-
110
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1530 Aerostar / ? Aerostar / ? - - 飛行中 競技 - 2
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
確認ミス なし なし 大会本部
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
Mid Air -I was flying level flight towards PDG. Looked down & saw white balloon ascending very fast. My balloon has single burner – fired burner plus cow(cruise) burner but could not avoid impact. My balloon entered into the other balloon. I think in parachute- I could see pilot inside balloon because I had been adding heat my balloon rose out of the other balloon. My computer got knocked off and fell inside other balloon envelope. PC was my GPS. I watched the other balloon land, then immediately landed, packed away balloon and went to the other balloon to make sure the pilot was OK. <私はPDGに向かってレベルフライトしていた。下を見ると白い気球がすごい速さで上昇してきた。私の気球はシングルバーナーだったので、バーナーと牛用(クルーズ)バーナーを焚いたが衝突を回避できなかった。私の気球は相手の気球の中に入った。パラシュート付近だと思う。相手のパイロットが目視できた。その後、相手気球から抜け出した。私のPC(GPSユニット付き)は衝撃で飛ばされ、相手気球の中に落ちた。相手気球がすぐに着陸してパッキングされるのを見たので、パイロットは無事だと判断した。> 競技飛行中(上方機はフェスタ競技中、下方機はパシフィックカップ競技中)の、上空約1,000ftでの空中衝突事故。 パシフィックカップは、CLPから離陸し、PDG,FON,FONのあと、白石駅東のJDGに向かう競技。下方機の離陸は07:14頃。 一方、フェスタは、CLPから、パシフィックと同じ白石のJDGを目指すJDG1タスクの競技で、上方機の離陸は07:35頃。 下方機が、PDG(#218)と1つ目のFON(#240)を行なっている間に上方機が追いつき、次のFONに向かうため上昇していた下方機と、白石を目指していた上方機が衝突。 上方機のロガーからは、衝突20分前までの航跡しか取れなかった。(途中で電池切れになったと思われる。)GPSユニット付きのPCは翌々日発見されたが、電池切れのためデータが消失していた。

↑このページのTOPへ

整理番号:18-017
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2018/11/4 2018/10/30
8:00頃
佐賀県佐賀市嘉瀬町 1626/7940付近 着陸時に電柱支線に球皮をかけてしまう。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
800
2
30
50
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2200 Kubicek / BB22Z Kubicek / Ignis w 122 130 最終着陸アプローチ時 競技練習 12 1
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
確認ミス なし なし 電力会社
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
2018佐賀大会公式練習。CLPより離陸。穏やかな気象条件の中、地上風、中層の風を使ってミニマムディスタンスのようなフライト。その後、ランチサイトを低めに飛びながら、進行方向約170度で土手を西から東に越える。1626/7940(ランチサイト土手東側、気球道路との中間ぐらい)のところで、刈取後の田が広がっていたので、着陸を考える。気球道路と土手のふもとの電線は確認していた。用水路を超えた所で着陸、その直前にワイヤーに気が付く。が、どうすることもできず、リップを引いて着陸。球皮がワイヤーに被さる(開口部ノーメックス上部)。すぐに本部に電話し報告、九電に連絡を取り、はしごを使って球皮を回収する。結果、そのワイヤーは、電気が通っていない支持線でした。九電チェックでワイヤー、電柱ともにダメージなし。地主さんに連絡済み。 この支持線がまったく目に入っていなかった。何もないと思い込んでしまい、直前の発見となってしまった。 田んぼの中にワイヤーだけが走っている場所。風が弱かったのでワイヤー損傷等もなかった。うっかりミス。

↑このページのTOPへ

整理番号:18-016
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2018/10/22
2018/10/14
三重県鈴鹿市 スズカサーキット内 サーキット内ヘアピンカーブ付近の、コース外資材置き場に中間着陸した。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
26
2
2
6
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1842 Kavanagh / EX-65 UltraMAGIC / Mk21 136 107 最終着陸アプローチ時 JOY 20 1
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
操作ミス なし なし サーキット本部
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
ホース締め付け時のミスにより、ガスの漏れにより、シリンダ1本使用不可となり(3本の内1本が15%になったので、交換しようとしていた)、着陸しようと降下したところ、西側からサーキット上空に侵入し、サーキット敷地内、コース横の資材置き場に中間着陸してしまった。鈴鹿サーキットの皆様には多大なご迷惑をおかけしましたことを深く反省しております。 自分の認識の甘さで、鈴鹿サーキットの皆様、鈴鹿市の皆様、および熱気球関係者にご迷惑をおかけしまして、本当に申し訳ありません。 本事案は、今回レースが東コースのみで開催されていたということで、大事故には至りませんでしたが、もしレース中に着陸したとしたら、もっと大事故になっていたかも知れないという事故です。今後、サーキット付近をフライト時は、細心の注意をしてフライトすることを心掛けるように、当事者含めて肝に銘じます。

↑このページのTOPへ

整理番号:18-015
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2018/10/22 2018/10/6
8:40頃
富山県礪波市林 着陸アプローチ時、団地内の電線に接触。及び、住宅屋根上のアンテナ破損。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
17
0
0
1
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2195 Kavanagh / C-77 UltraMAGIC / Mk21 D 33 38 最終着陸アプローチ時 競技 20 1
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
操作ミス 予定 未定 大会本部、電力会社、住宅家主
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
スカイフェスとなみ2018.大会ヘア気球としてフライト。ターゲット設置のため、高度を下げようとリップラインを引く。カバナバルーン社製のスマートベントのため、天頂部が開口したままとなる。閉じるためのベントラインを引いたつもりが、引けていなかったために急降下。コントロールできず、戸建て住宅団地内の電線に接触。球皮が民家屋根に少し覆い被さり、アンテナを破損。上昇するためにバーナーを焚いた時に球皮を焼く。ターゲット設置を予定していたすぐそばの田んぼにランディングし、ターゲットを設置した。搭乗者にケガ等の被害はない。 シーズン初フライトがヘア気球となり、事前のテストフライトもできなかったこともあり、通常のフリーフライトとは異なるプレッシャーもかかった。また加えて、普段、アプローチ時には操作しないリップライン(スマートベント)を使ったことも、大きな要因となりました。近年のフライト不足、技能の習熟度にも問題があると感じた。 経験の浅いパイロットが、普段は使わないスマートベントを使ったことによる、操作不慣れによる事故。同乗のP2二人との連携も不足していたと思われる。

↑このページのTOPへ

整理番号:18-014
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2018/9/11 2018/8/12
16:00頃
北海道河東郡上士幌町 航空公園内滑走路付近 最終着陸アプローチ時、リップラインの引き過ぎによる浮力低下によってハードランディングになってしまい、クルーが左上腕骨骨折してしまった。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
5.7
0.4
0.4
2.4
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1950 INOM / 712-69B CAMERON / Shadow s 30 46 最終着陸アプローチ時 競技 20 2
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
操作ミス 予定 約20万円 なし
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
45回北海道バルーンフェスティバル3日目。FINマーカー投下後アプローチに入る。高度を下げると東風が強くなり、ランチサイトでの着陸を断念し、滑走路での着陸を目指す。立木に接触しそうになり、バーナーを焚き浮力を出す。立木を過ぎたところでリップラインを強く引き、浮力を急激に失う。バーナーを焚くが間に合わず、ハードランディングになる。 バーナーとリップラインの操作を1から考えなければならないと思いました。特にリップを引く量と時間を身体に叩き込みます。また、クルーには辛い思いをさせてしまい申し訳ないと思っています。 経験の浅いPICだったため、リップを引き過ぎたと思われる。またクルーへの配慮、声掛けも十分でなかったと思われる。

↑このページのTOPへ

整理番号:18-013
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2018/7/8 2018/6/24
6:40頃
北海道中川郡幕別町千住 途別川土手 意図しない降下スピードでのランディングにより搭乗者負傷
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
42
1
2
24
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1950 INOM / 712-69B Lindstrand / Jetstream w 341 243 最終着陸時 JOY 薄曇 18 3
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
判断ミス 予定 未定 なし
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
ゲストフライトのP1を頼まれフライトを行う。離陸地は地形の影響で風が弱かったが、フライト中は地上・上空のどちらの風も強く、最終アプローチの時点でも10q/h以上のスピードが出ていた。離陸地から北西方向に飛び、途別川の南側の土手にアプローチした。地上ベタの風は土手に沿う方向に吹いており、その150ftほど上空の風は土手に対して、やや斜めに吹いていた。このため上の風を使いつつアプローチしていた。風が強いこともあり、土手の手前側(上り傾斜側)にバスケットをとどめようと考え、上空の風に少し機体をあて、リップを強く引き、降下に移った。このとき降下スピードが予想以上に速く出たため、搭乗者に着陸の体勢を取るように指示しながら、急いでバーナーを焚き、着地の衝撃をゆるめようとしたが、降下を止めきらず、土手の上り傾斜部分に勢いよく接地、バウンドして5mほど移動したところで再び接地。風はその瞬間は止んでおり、気球を立てておくことができたが、地上クルーが到着する頃にはふたたび吹き始め、その場所でデフレーションした。デフレ後に搭乗者のひとりから頭をぶつけ、足をくじいたという親告があり、後日病院にて足首を剥離骨折を伴う捻挫と診断された。 離陸前のロード計算でも余裕がないことはわかっていたが、実際にフライト中にいつもよりも降下速度が速いことを感じていた。この事実を認識していながら、アプローチ時にリップを引きすぎて、降下スピードを必要以上に出してしまったことが衝撃の強い接地の原因と考える。またアプローチに際し、搭乗者の年齢や体型に配慮する必要があった。 初めてのエリア、気球、クルー等考えると、この気象条件ではもっと冷静な判断をすべきだったと思う。十分な着陸地が予想出来なかったのであればフライトを断念するという事も考えるべきだったと思う。

↑このページのTOPへ

整理番号:18-012
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2018/5/3 2018/4/22
8:40頃
兵庫県加西市豊倉町 空き地竹林 空き地に着陸しようとしたが、風に流され空き地端にある竹林の中へ突っ込んでしまった。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
170
0
2
3
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1950 INOM / 712-69B CAMERON / Mk4 w Super 136 154 最終着陸時 JOY - -
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
判断ミス 予定 約50万円 なし
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
鶉野飛行場跡地から離陸。約30分フライトした後、適当な着陸地を探しながら飛行を続ける。フラワーセンターを超えたところで空き地にアプローチ。手前に電線があったため空き地中央付近でリップを引き下降するが、地上付近は思ったより風があり、空き地の端の方へ流されたが、竹林の先は池になっており、そのまま竹林の中に着陸してしまった。 着陸できる空き地を見つけアプローチ。手前に電線があり、それをクリアし空き地上空でリップを引いたが、地上は思ったより風が強く、流され、空き地端にあった竹林に突っ込んでしまった。おろすタイミングが遅かった。 着陸地の選定ミス、および接地ポイントの設定ミス。

↑このページのTOPへ

整理番号:18-011
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2018/4/7
7:48頃
群馬県板倉町大字飯野 利根川土手 着陸時にPICが右足(踝の上、脛骨と腓骨の両方)を骨折。<報告書待ち>
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント

↑このページのTOPへ

整理番号:18-010
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2018/4/18 2017/12/23
10:45頃
佐賀県小城市三日月町堀江 麦畑よりドロップラインで農道へバスケットを移動させる際、地上クルーが農道とバスケットに足を挟まれた。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
591
7
12
15
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2200 Kubicek / BB22Z Kubicek / Ignis-w 105 108 回収作業中 トレーニング 8 1
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
指示ミス 予定 未定 なし
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
一回目のトレーニングを終えて、穏やかそうな状況だったので、2回目のトレーニングを始め、主にレベルトレーニングを行っていたが、着陸できそうな場所がなく、燃料は1本と50%であったし、パワーラインも近かったので安全に着陸しようとドロップラインを下して農道に引き付けてもらっていた時に、前方にいた者がのり面で滑ったところにバスケットが接触。農道の斜面とバスケットに足を挟み込んでしまった。 現場ではひねっただけで大丈夫ですとのことだったが、後で腫れが出て痛み出したので病院で診断してもらったら足首のひびが確認されました。 パイロットに聴取した処、風も弱くバスケットの前方に位置しないよう指示するほどの状況ではなかった様だが、クルーが農道斜面で足を滑らせたことでバスケット底部に挟み込んでしまった様子。風が遅くとも、接地時には地上クルーがバスケットの前方に立たないように注意すべきことを喚起させる事例。

↑このページのTOPへ

整理番号:18-009
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2018/4/17 2018/4/8
6:20頃
栃木県栃木市藤岡町石川 渡良瀬遊水地 土手 着陸時にP2がシリンダー上部で頭部を強打する。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
1284
0
5
37
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1840 Ultramagic / M-65C Ultramagic / MK-32 247 171 最終着陸時 競技 - 3
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
判断ミス 予定 未定 消防署、大会本部
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
渡良瀬BR 3日目、PDG。フライト中、まあまあ風が速かったので、着陸に際しP2に、PICの後ろ側に回るように指示した。前方の樹木をかわして、土手のり面にややハードに接地。その際、後ろにいたはずのP2が横にいて、「頭を打った」とのこと。話を聞くと、接地直前に足の位置が悪く、前日の骨折事故のようにならないように、体勢を変えようとした時に接地して、準備ができていなくて、身体を支えることができなかったとのこと。 着陸後、P2が動けなくなっていたため、大事をとって救急車を呼び、病院で診察を受ける。骨、脳に異常なし。

↑このページのTOPへ

整理番号:18-008
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2018/4/16 2018/4/7
7:28頃
栃木県栃木市藤岡 渡良瀬運動公園ランチサイト 離陸後、ゴンドラに掴まっていたクルーをゴンドラ内に引き上げてフライトした。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
52
2
5
31
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1800 RUSBAL / 701TASP RUSBAL / 60TA.02 50 61 離陸時 競技 15 5
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
指示ミス、確認ミス なし なし 大会本部
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
渡良瀬BR2日目の一斉離陸。立ち上げ後、強風のため、クルー4名がバスケットを押さえていた。バーナーを持続して焚き離陸に入る。その際、3名のクルーがバスケットから手を離し、浮力を得た気球が浮き上がる。残り1名のクルーは、それまで何度かバウンドしていたため、バスケットを押さえようと必死にしがみついていた。PICはそれに気付かずクイックリリースを外した。離陸後、地上から「危ない!」と声を掛けられ、PICはクルー1名がバスケットにしがみついていることに気付いた。リップを引いてすぐに着陸するか一瞬迷ったが、バスケットに乗せることを選択。クルーに「足を引っかけて!」と声を掛け、バスケットの中へ引き上げた。クルーはPICから声を掛けられて初めて、離陸していたことに気付いた。 強風下での離陸経験がほとんどなく、判断ミス、指示ミスがあった。球皮を焼かないようにと上にばかり気を取られていた。地上クルーへの指示が明らかに不足していた。クイックリリースを外す際に、「離陸する!」と大声をかけるべきだった。経験の浅いクルーとのコミュニケーションも不足していた。強風下では最後までバスケットを押さえてもらわないようにするべきだった。 事故調査委員会は重大インシデントと判断し、事情聴取をし、報告書を提出してもらった。離陸時、当該クルーはちょうどPICの背中側にいたため、PICが気付けなかった。 強風下の離陸時は、PICは、地上クルーをバスケットとクイックリリースから風上側に遠ざけ、クルーの安全を確保しなければならない。

↑このページのTOPへ

整理番号:18-007
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2018/3/20 2018/3/18
7:15頃
茨城県常陸大宮市上伊勢 畑 中間着陸時、農道に接地後引きずられた際に、田と道の間に設置されていたポンプヘッドを破損した。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
22
0
1
2
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1841 Kavanagh / EX-65 Ultramagic / PowerPlus w 280 245 中間着陸時 JOY 5 3
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
判断ミス 予定 未定 地主さん
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
中間着陸地点を、P2の意見も参考に、安全に着陸できるポイントを決めてアプローチ。接地を目視し、ポンプヘッドを確認。道路に接地したが停止できず、ポンプヘッド方向に引きずられ、ゴンドラが接触し破損。 両側が田んぼというロケーションであったが、ぬかるんでいたため、道路への接地を選択してしまった。優先する事項を誤っていたと反省。また、地表風の影響についても、もっと考慮すべきであった。上記を踏まえ、再発防止を徹底します。 接地後の停止距離の予測を誤ったために、地上物に接触したもの。

↑このページのTOPへ

整理番号:18-006
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2018/3/15 2018/2/24
10:15頃
新潟県小千谷市平沢 係留中、突風による球皮損傷とカラビナ破損、乗客負傷。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
37
0
0
0.2
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2550 Ultramagic / M-90 Thunder&Colt / C3 114 56 係留中 係留 - -
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
突風、判断ミス 予定 未定 警察
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
小千谷風船一揆での係留搭乗。テスト上昇(3回)実施後、風も安定していたのでお客さんを乗せた。2組目を乗せ、離陸直後、西からの突風を受けた。機体は一瞬にして東方横倒しになった状態で2〜3m上昇した。バスケットは大きく振られたが、着陸できた。着陸後、球皮のワイヤー取付部損傷、カラビナの破損を確認した。また、機体が横倒しになったとき、バスケット内に当たり、乗客が負傷。 今回の件は、パイロットの私が、乗客に対する安全上の対応には気を付けておりましたが、気象の変化に対する気遣いが欠けていたと思います。今後は気象担当の地上クルーの選任など行ない、情報を密にした係留フライトに努めます。 風が安定したと思われたが、予測できない突風が吹き、事故となった。もっと気象の確認を綿密にすれば良かった。

↑このページのTOPへ

整理番号:18-005
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2018/2/15 2018/1/21
8:45頃
滋賀県愛知郡愛荘町安孫子 Pu/tトレーニングフライトで最終着陸時に町が設置した街灯の電線に接触し電線等を損傷。簡単に外れたため機体の損傷はなし。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
486
2
6
21
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1950 INOM / 712-69B Lindstrand / Jetstream w 265 305 最終着陸時 Pu/tトレーニング 2 1
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
確認ミス 予定 約13万円 電力会社、町役場
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
Pu/tトレーニングフライトで最終着陸時に街灯の電線に接触。 低高度で着陸予定地へ向かう際、進行方向に黒い電柱状のものが連なっているのが見え、電線が見えなくてもあの間は電線を想定して注意と言っていたが、近づいても電線が見えず、いったん電線がないと思ってしまい発見が遅れた。 電線は緑と黒色の数ミリ径の被覆電線2本をよったもの(電力会社の電線ではなく2本撚りDV電線)で、街灯の間隔も広く黒と緑の細いDV線は見え難くなっていた。気づいた時には回避には遅く、焚くよりも少しでも早く接地するべきと思い、インストラクターが操作を代わってリップを引いた。街灯線は一般的な電力線よりも低い位置にあり、電線が球皮のワイヤー部を受け止める形で止まった。幸い、回収の際には撓んだ電線がバーナーの上の高さにあったため簡単に外れ、電気の気配もなく素早く回収できた。周囲に人家、交通量もなし。 気象については、パイバル時(セッティング前)は予報通り穏やかであったが、離陸直前に風の変化を感じ(念のため再度パイバル放球後離陸)、GPSの記録によれば100m以下の高度で4.5m/s以上、着陸地点の数百メートル手前ではアプローチ高度(50m程度)でも4m/s前後あった。そのため低高度ではインストラクターが適宜操作を補助(必要に応じて直接操作)したが、着陸予定地は開けていたため、最終段階はPu/Tが操作した。地表付近は(なぜか)ほとんど風がなく、数十メートルの高度差で急に風速が弱まった。高度を下げながら向かい風を感じ減速していることがわかったが、着陸時にはまだ速度が残っていたと思われる。 着陸地の2〜300m?(推量です)手前で、電線が見えなくても電柱のところは電線を想定して注意としていましたが、近づくと見えなかったため、いったんこれは電線がないと思ってしまいました。後から考えれば街灯があれば電線がないわけがなく、不注意であったと認識しています。低高度で風速が速かったことや、麦作等でエリアが限られていたこと、広い間隔の街灯に黒・緑の(見えにくい)DV電線が張られていたこと等の条件が重なりましたが、街灯をもっとよく見ていれば避けられたと思います。 通常の電線よりも、細く見えにくい線が張られていたため、発見が遅れたと思われる。

↑このページのTOPへ

整理番号:18-004
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2018/1/23 2018/1/1
9:10頃
宮崎県えびの市東川北〜宮崎県小林市堤 ハードランディングにおける、PIC、P2の負傷。スクープ、開口部、球皮の損傷。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
50
7
10
32
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1800 RUSBAL / 701TASP RUSBAL / 60TA.02 48 58 最終着陸時 競技 0 5
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
判断ミス、操作ミス 予定 未定 競技会本部
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
2018年1月1日、午前9時10分頃、ハードランディングにおける乗員2名の負傷。事故当時、地上付近の風速が大変速く、風下に適当なランディング場所が見当たらず、やむを得ず、地上20〜30m付近からリップラインを思い切り引き、急降下。結果、ハードランディングとなり、上院2名が負傷。ランディング場所は林に囲まれた50m四方程度の休耕地だったため、徐々に高度を下げる手段が不可能だった。ランディング時に、風下には山が迫っていた。飛行エリア外に出る可能性もあった。また、ランディングの5分程前にダウンバーストに遭遇し、目の前に迫ってきた電線を避けるためダブルバーナーを使用。その際にバーナーが横風に叩かれ、スクープ、開口部、球皮を焼いた。 当該エリアは初めてフライトするエリアであったが、事前のミーティングで注意点など十分に理解をしていた積りだったが、風が速かったことなどもあり、プラン通りのフライトができなかった。また、ランディングの判断については、風速、風向を考慮して、P2と相談の上で決定した。風下が山ばかりで下りることのできる場所が非常に限られていたことや、風速が非常に速かったため、狭い場所でランディングを行なうには急降下をする以外に方法はないと判断。結果、乗員2名が負傷してしまった。 当日は都城市へのフライインで2機が離陸、1機は都城市に到達、着陸。

↑このページのTOPへ

整理番号:18-003
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2018/1/17 2017/12/29
8:30頃
佐賀県小城市芦刈町永田付近 牛津川土手下の空き地 ソロフライトのアプローチの際、アプローチラインを考えながらリップを引き、降下速度が速くなっていたが気付かなかった。気付いた時には接地直前で、バーナーを焚いたが間に合わず、バーナーを握ったままだったため、接地時に焚いてしまい、球皮を焼損。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
-
-
-
-
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2200 Kubicek / BB22Z Lindstrand / Jetstream w 46 37 最終着陸アプローチ時 Pu/tソロフライト 2 1
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
判断ミス なし 未定 なし
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
07:53多久市から離陸。3000〜4000ftまで高度を上げ、to150〜160度で山越え。山越え後も北寄りの速い風に乗り続けた。牛津川土手を着陸地として予定していたため、高度を下げ700ftでto120〜130度の風を受けるが、その時点で予想より南に行っていた。300ftでto110〜120度の風を受ける。土手付近は東北東風であり、川の上まで振り土手南に着陸しようとするが、土手手前でベタまで下げると南風になったため、川の上に戻され、東風で流された。少し上げ、南風を使い土手北に行こうとするが、気球の操作に集中できていなかったため、上下動を繰り返す。上昇し北風に乗り、土手南に行こうとするが、降ろすのが遅く南に流される。その後のアプローチラインを考えながらリップを引き、降下速度が出るが、気付かないまま降下。気付き焚くが、間に合わず接地。接地時にバーナーを握っていたため焚いてしまい、球皮を焼損。 接地直前、接地することは分かったが、焦っていたため、バーナーから手を離さなければいけないことを忘れていた。アプローチの際、アプローチラインを考えながらの操作により、操作に集中しきれず、接地してしまった。また、山越え後、すぐに高度を下げなかった時点で、牛津川に行くのは困難であり、そこでのプラン変更をしなかった判断ミス、いつもと積載重量が違うことで上昇降下の感覚に慣れないままアプローチしてしまったことで、焦りをより引き起こしてしまったことも原因であった。 Pu/tのコメントにもある通り、アプローチの際に操作に集中しきれず、降下速度が出過ぎていることにも気付けなかったこと、接地時にバーナーを握り離さなかったことが焼損の直接的原因である。そもそもより、目指していた着陸地点へ行くための風の使い方や降ろし方の考え方がまとまっていなかったと考えられ、また、目指していた地点が困難になった際、現実的なプランへの変更を即座にすべきだった。

↑このページのTOPへ

整理番号:18-002
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2018/1/11 2017/12/24
8:50頃
宮崎県都城市高木町 低空でのアプローチ中、降下を止められなかったPu/tはバーナーを焚き続け、スクープを焼損した。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
82
0.4
0.4
5
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2250 INOM / 812-79B Lindstrand / Jetstream w 316 277 中間着陸アプローチ時 JOY 6 1
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
操作ミス、指示ミス なし 未定 なし
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
当日、都城市でジョイフライトを行なっていた。ジョイフライト中に、パイロットはPu/tにバーナーを握らせ、レベルやアプローチの練習をさせていた。低空でのアプローチ中、パイロットはチェイスカーの無線に応えていた。Pu/tは降下を止められず機体が地面に接触した。Pu/tが降下を止めようとし、焚き続けていたバーナーの炎がスクープに接触し、スクープを焼損した。 地上付近ではパイロットが責任を持ってバーナー管理を行なうべきであった。ランディングや地上接地が予想される場合、無線対応は情報の取捨選択を行ない、場合によっては先延ばしにするべきである。また、地上接地時はバーナーを消すよう徹底する。 Pu/tは接地の際、進行方向及び地上を見ていなかった可能性がある。接地時は、メインバーナーやサイレントバーナーに触れないようにしなければならない。インストラクターも十分に周りを確認すべきだった。

↑このページのTOPへ

整理番号:18-001
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
2018/1/3 2017/12/24
8:55頃
新潟県小千谷市片貝山屋町 畑 降下速度が速いまま着地、畑土手面に着地後バスケットが傾き、衝撃でPass1名が滑り落ちる。PICがリップラインを掴みパラシュートを下げる際にサイレントバーナーに手が触れて、スクープを1m四方ほど焼いてしまう。PICも着陸の衝撃でバスケットから出てしまうが、リップを引いてバーナーの火元を消す。
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
54
0
0
3
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1840 INOM / 712-69B CAMERON / Mk4 Super-s 50 78 最終着陸時 JOY 7 3
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
操作ミス、指示ミス 予定 約7万円 なし
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
小千谷市西中地より08:38離陸。南東の風約2m/s程、視界良好。高度約1000ftで飛行後5分程で500ftに降下し、南西方向に進む。08:55頃、風の流れに不安定感があり着陸態勢に入るが、下風が速く、上昇を試みるも風の勢いに押されるように接地し、田んぼの畔に乗り上げバスケットが傾き、Passが滑り出てしまう。PICがリップを引いたままバスケットから出てしまい、その際に、出たはずみで、身体の一部がサイレントバーナーに当たり、球皮が横になった状態で炎がスクープに当たり、1m四方ほど焼けたことを確認する。 強風時の降下速度に十分注意していきたい。また、突風の予想に対応しなければならない。 強風化のハードランディングで、身体を十分にホールドできていなかったために、バスケットから飛び出してしまった事故。

↑このページのTOPへ