本文へ
1997年事故状況報告書集計

事故調査委員会TOPへ戻る
┗━事故調査委員会集計へ戻る

97-001 97-002 97-003 97-004 97-005 97-006 97-007 97-008 97-009 97-010
97-011 97-012 97-013 97-014 97-015 97-016 97-017 97-018 97-019 97-020
97-021 97-022
整理番号:97-001
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.4.7 1997.3.30 8:40 宮城県登米郡南方町新一ノ曲422 FL時に球皮が電線に被さりゴンドラが宙づりになり,球皮破損
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
27
4
5
26
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2190 CAMERON / V77 CAMERON / Mk4 super W 71 61 最終着陸時 トレーニング 8 3
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
球皮10パネル,ワイヤー2本,電話線中継器 判断ミス,バーナー/リップ操作ミス 有り 未定 消防署,電力会社,NTT
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
接地後2回バウンドし電線に近づいたため,Wバーナーを焚くが浮力が得られず,赤道付近が電線に衝突. ランディング時の判断の遅れ.アプローチ角は急ではなかったが,電線が近づいてリップを引ききれなかったことと,慌てて上がろうとしたのが悪かった. PICの下降速度コントロールが不適切,リップ操作をPu/tに行わせたこと,電線回避の判断遅れが原因と考えられる.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-002
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.4.11 1996.10.27 9:30 群馬県館林市正儀内 渡良瀬川土手南100m 最終着陸時,右足脛骨折
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
281
1.5
3
14
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1590 CAMERON / V-56 CAMERON / Mk4 W 42 30 最終着陸時 JOY 2?3
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
乗員右足脛骨折 不注意,着陸時の姿勢不良 有り 30万 消防署,保険会社
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
ソロフライトで10m位の高度より着陸時,脇見をしていて姿勢が悪かったため,ショックで体がひねられ,捻れて骨折. 慢心があったため,のんびりとチェイスカーの方を見ていて油断した.どんな着陸でも安心せずに,身体のフォローをするべきでした. ベテランの,やり慣れた操作時のうっかりミスと思われる.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-003
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.5.15 1997.5.10 7:55 羽生市井泉公民館横 最終着陸時,公民館横の立木に接触,球皮破損
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
5
2
4
5
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1850 Star Balloon / 24ゴア BalloonWorks / single 34 25 最終着陸時 競技 快晴 14 1.5
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
球皮下部カギザキ,スクープ焼損 操作ミス 有り 10万 公民館
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
ターゲットにアプローチ中,降下が速すぎ立木に接触.クラウンが木に引っかかり,バスケットがフェンスとの間にはさまる ターゲットが道路であり,照明灯をクリア後アプローチをかけたが,降下が早すぎた.平常心で常に安全を心がければ防げた接触でした. 経験が浅く,タスクへの挑戦はかなり無理があったのではないか?リップ操作に慣熟が必要と思われる.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-004
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.5.30 1997.5.4 8:30 宮崎県都城市太郎坊町 大淀川河川敷 係留時風にあおられ,球皮損傷
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
29
0
0
3
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2975 Thunder&Colt / シェイプ Thunder&Colt / C3 W 83 84 係留中 係留 3?4
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
開口部内側パネル焼損,羽根部分パネルカギ裂き 突風 有り 30万 無し
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
係留で,立上げ後突風にあおられ,立て直し中に開口部内側パネルを焼く.また,羽根部分を立て看板に引っかけた. 焚き込み時,開口部が十分に広がらなかったため,焼損した.突然の強風で,予測できなかった. 係留時は,地上障害物から十分な距離を取るよう,レイアウトするべき.やむをえない場合は,万一の時に被害がないような手当てをすべきである.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-005
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.6.4 1997.4.13 13:30 埼玉県飯能市 駿河大学内 係留飛行中,球皮(24ゴア)ワイヤー3本の継ぎ目が外れる
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
57
0.3
3
13
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2200 Star Balloon / M77 CAMERON / Shadow super 48 40 係留中 係留 20 0?5
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
ワイヤー3本外れる 製作不具合 無し 0 無し
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
係留中,4?5mの風にあおられ,バスケットが大きく揺れた時,球皮側ワイヤーの継ぎ目部が3本外れた. 機体の構造上の欠陥(強度不足)があった可能性が考えられます? 理事長より,安全性が確認できるまで,飛行禁止要請が発令.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-006
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.6.4 1996.11.24 9:20 富山県高岡市大門町広上 アプローチ時降下が速く,納屋に接触.電線切断,屋根破損.
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
25
2
3
13
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1840 UltraMAGIC / H-65 UltraMAGIC / w 74 52 中間着陸アプローチ時 トレーニング 10 1.5
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
電線切断,納屋の屋根破損. 不注意,判断ミス 無し 不明 持ち主(示談)
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
中間着陸のアプローチ時,降下速度が速いためP1がバーナーを焚いたが間に合わず,納屋と電線に接触,再上昇. 気象が安定していたため,使いきるつもりで圧の低いボンベを使っていた.Putとは何度も同乗しており,全てをまかせていた. 着陸地の選定方法に無理があったと考えられる.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-007
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.6.9 1997.5.5 7:10 埼玉県北埼玉郡 渡良瀬遊水池南西側土手 着陸時引きずられ,球皮が看板に接触,破損.
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
117
1
4
22
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2250 INOM / 16ゴア バイアス CAMERON / Mk4 64 74 最終着陸時 JOY 晴(霞) 18 3?4
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
球皮8パネル破損 不注意,判断ミス 有り 20万 無し
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
着陸時,接地してから機体が引きずられ,前方の看板に球皮が接触,なおしばらく引きずられて静止. 前方不注意によるものである.(接地位置より少し先の障害物に気づいていなかった.) 接地前に障害物に気が付いていれば,再上昇することも手前で止めることも可能であったと思われる.渡良瀬では多少地上風が速くても飛べるので,注意が必要.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-008
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.7.11 1997.5.4 9:28 宮崎県都城市上水流町 最終着陸時引きずられ,ズッキーニ畑を損害
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
12
0
2
4
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2190 CAMERON / O-77 Lindstrand / W 150 247 最終着陸時 競技 20 5
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
ズッキーニ約30株 経験不足,判断ミス 有り 10万 大会本部
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
接地してから引きずられ,ズッキーニ畑を横断して向こう側の牧草地で停止. 強風下でのフライト経験が少なく,ランディングのイメージを甘く考えていた.リップラインの引きも甘かった. 経験不足.強風下で気球がどれだけ引きずられるかの経験がない.着陸地の選定も,前方の障害物に対する配慮が不足している.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-009
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.8.18 1997.6.8 7:15 栃木県下都賀郡藤岡町 渡良瀬遊水池 石川の土手 立上げ直後,開口部のパネル1枚を焼損
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
35
0.7
2
14
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2160 CAMERON / O-77 CAMERON / Mk4 W 137 180 インフレ中 トレーニング 20 1
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
球皮1パネル焼損 不注意 無し 0 無し
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
インフレ時リップがはずれたが,ベコベコの状態で立上げ.少しずつ焚き込む時によそ見をしたため,開口部を焼いた. 開口部の状態を確認しないで,脇見をしながらバーナーを焚いたためです.やや風にたたかれた所もありますが,私の気のゆるみ?と不注意です.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-010
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.8.22 1997.5.24 13:30 福井県高浜町和田浜 係留の待機時,突風でロープの1本が切れ,バーナーフレームを全損
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
50
1
3
13
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2190 CAMERON / V-77 CAMERON / Mk4 W 106 59 係留中 係留 28 5
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
バーナーフレーム全損,係留ロープ1本切断 突風 有り 17万 無し
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
イベント係留.午後になり風が落ちたので4点係留で立上げ.待機中突風でロープ1本切断,バーナーフレームが全損した. 立上げ可能な風であっても突風が吹く可能性がある場合は立上げないことだと感じた.人身事故にならなかったことが幸いである. ロープが切れる程の風では,4点係留でも不十分な場合があるが,今回は3点係留でなくて,幸い大事故に至らなかったと思われる.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-011
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.9.16 1997.4.13 8:25 富山県新湊市野村 ハードランディングで2名重傷,1名軽傷,開口部焼損,バーナーフレーム変形
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
75
0
3
11
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1850 UltraMAGIC / 12ゴア UltraMAGIC / single ? ? 最終着陸時 JOY 10 5
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
乗員(各,全治3ケ月,2ケ月,20日)。開口部2パネル焼損, 急降下(ハードランディング) 無し - 警察,電力会社
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
電線に引っかかり,バーナーを焚いて抜け出したが,高圧線と海が迫ったため,40mでリップ全開にし,ランディング. 高圧線の手前は東西に広い田で,安心してランディングが可能と判断.余裕を持って手前に着陸していれば,このような事故は避けられたと思う.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-012
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.10.17 1997.10.10 9:00 富山県高岡市戸田徳市地内 ファイナルランディング時に球皮を電線に引っかけた
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
72
2
2
3
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2500 INOM / 812 UltraMAGIC / W 21 21 最終着陸時 競技 20 1
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
なし 着陸地の選定ミス 無し 0 大会本部 北陸電力
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
電線を越えアプローチ時,弱いサーマル風で押し戻され始めたので緊急着陸するが,球皮が電線にかぶさった. 弱いサーマルが出つつあり,地上風は変化し続ける中で,高圧線,電線に近い所にアプローチした.着陸地の選定ミス. 地上風をもっとよく確認し,押し戻されても大丈夫な地点を見極めること.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-013
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.10.24 1997.8.31 7:20 栃木県藤岡町 渡良瀬遊水池ハート池上空 上空でボンベ交換作業中に反対側のメインバーナーが突然出なくなった
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
450
5
7
45
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1560 Thunder&Colt / 12ゴア CAMERON / Mk4 W 100 ? 飛行中 JOY 27 2?3
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
なし コネクタの接続不良 無し 0 無し
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
ホースの自閉弁の中に,ボンベ側のアクメコネクタに付いているべきパッキンが付いていた. ボンベ側のゴムパッキンがなくなっているのには気づいていたが,バーナー側の自閉弁に付いているとは思わなかった. このような事例は聞いたことがないが,起きても不思議はない.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-014
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.10.24 1997.10.6 8:40 三重県鈴鹿市稲生町 鈴鹿サーキット東 造成地 最終着陸時,強風で引きずられ,鉄杭にバスケットが衝突し破損.
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
115
0
8
30
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1840 CAMERON / O-65 CAMERON / Mk4 W 254 266 最終着陸時 競技 快晴 20 5?6
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
バスケット上部の皮,ウレタン破損,同乗者の眼鏡全損. 強風 有り 未定 無し
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
高圧線を140ftで越え,駐車場に急降下接地したが引きずられ,道路向うの鉄杭に衝突,更に5m引きずられて停止. 慣れない場所での強風下ランディングで,決断が遅れた.上空から鉄杭を発見することは困難だった. 鈴鹿のような狭いエリアでは強風下で十分な着陸地を確保することは難しいので,不安な時は飛行しないことが大切.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-015
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.11.10 1997.11.2 7:20 宮城県古川市清水沢字前田沢46 ダチョウ4羽の内,1羽重傷処分,2羽重傷.
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
-
-
-
-
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
- - - - - 飛行中 競技
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
ダチョウ3羽重傷 気球の音,大きさにダチョウが驚いた 有り 未定
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
本部が北西400m地点にJDGゴールを設定.ゴールに向かってくる気球に驚いて走り回り,フェンスに激突したもよう. 10/30のオフィシャルによる現地調査時に,飼育地が確認できなかったため,近くにゴールを設定してしまった. 宮城県では昨年もダチョウを驚かす事故が1件発生しているので,今後とも十分に調査して,情報を周知してほしい.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-016
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.11.11 1997.10.12 7:20 栃木県藤岡町 渡良瀬第一貯水池(谷中湖) 着水時,乗員1人が脱出したため,離水-着陸後,救助.
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
23
0.5
10
23
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2190 CAMERON / V-77 CAMERON / ? 110 110 着水時 JOY 17 2
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
球皮2パネル焼損,乗員の所持品が水没. 操縦ミスによる着水,クルーへの指示不十分 無し 0 無し
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
谷中湖上空で降下時,誤って着水したところ,乗員の1人が脱出してしまったのにPICが気付かず離水した. 降下途中に注意を欠き,バーナーを焚くのが遅かった.フライト前に注意事項を話すべきだった. 単純なパイロットの操縦ミス.高度計の設定を間違えていた.水面のため高度感覚が鈍った.フライト前にパッセンジャーに対して注意を怠った.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-017
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.11.7 1997.9.28 8:40 栃木県小山市乙女1954 思川東土手 気球回収作業中,バスケット上から落下,肩を骨折.
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
53
2
3
18
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2190 CAMERON / V-77 CAMERON / Mk4 W 196 141 回収時 トレーニング 20 1
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
鎖骨骨折 判断ミス,不安全行動 有り 未定 保険会社
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
川の土手に着陸後,回収作業のためにバスケットの上に乗ったところ,傾斜面だったため,バスケットが傾き,肩から落下。 片付けといえども最後まで気を抜いてはいけない.何でもないような場面で事故は待っているものである. バスケットが不安定な傾斜地に立っている場合は,倒れることを想定しなければならないし,その上に立つことはさらに危険です.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-018
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.11.23 1997.11.19 9:30 佐賀県佐賀市西 飛行中,ホースを繋ぎ換えようとして生ガス噴出.
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
600
-
-
71
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1580 BalloonWorks / FF6B-15 BalloonWorks / single 飛行中 競技 2
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
なし 初めての気球での取り扱い間違い 無し 0 大会本部
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
FireFly system has 3 tanks in the basket. I had an extra tank in my basket. ? I wanted to use my extra tank. I closed the all system. Liquid propane came out from the connection when I try to open it. 初めてのレンタル気球で,コネクタに自閉弁が付いていないのを分からずにシリンダ交換しようとしたもの.他人の気球に乗るときは,特徴,操作法を確認すべし.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-019
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.11.24 1997.11.18 10:00 佐賀県佐賀市東 ランディング時に乗員が落下,気球が無人飛行し,高圧線に衝突.
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
284
-
-
43
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2190 Thunder&Colt / 77 Thunder&Colt / C2 69 68 最終着陸時 競技 12
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
球皮破損,電柱軽損,乗員軽傷. 強風 大会本部 電力会社
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
着陸時にPIC(ソロ)がバスケット前方に転落.バスケットと地面の間に挟まったため,リップラインを放してしまった. I must have lost control over the rip-line when my head was squeesed between the basket and the ground and could'nt do nothing.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-020
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.11.29 1997.10.5 11:30 兵庫県龍野市 西播磨テクノパークタウン会場 3機で係留中,強風に煽られ,アンカー車に引っかけ,球皮1パネル破損.
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
300
0
3
18
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2200 Thunder&Colt / 77 Thunder&Colt / ? 180 180 係留中 係留
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
赤道付近の球皮1パネル破損. 突風
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
係留中,突風に煽られ,球皮がアンカー車のルーフキャリアに引っかかり,パネルを破損. 3機が係留するには十分なスペースがなく,地面の状態もぬかっていて良くなかった.アンカー車が思う場所に移動できず,気球との距離が取れなかった.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-021
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.11.29 1997.10.5 14:30 兵庫県龍野市 西播磨テクノパークタウン会場 係留中,クルーが係留ロープに引っかかって転倒時,手首の骨にヒビが入った.
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
300
0
3
18
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
1950 INOM / ? CAMERON / Mk4 W 80 80 係留中 係留
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
地上クルーの手首にヒビ. 判断ミス,不安全行動
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
係留中,地上クルーが係留ロープに足を引っかけて転んだ際,手を付いた手首の骨にヒビが入った.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-022
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.12.1 1997.11.18 8:43 佐賀県佐賀市 木原付近の大豆畑 着陸時,大豆畑にワンタッチした.
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
271
0
2
2
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
3400 CAMERON / ? Thunder&Colt / ? 最終着陸時 競技 official 3?4
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
大豆畑 判断ミス 無し 0 大会本部
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
刈り取り田の手前の雑草の生えた田に直陸しようとしたが,寸前に大豆畑だと確認.回避が間に合わずワンバウンド. 大豆畑であることの確認が遅れたため,気がついたときには,畑への接地が避けられなかった.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-023
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1997.12.1 1997.10.26 8:30 佐賀県佐賀市西与賀町高太郎 圃場 強風下のランディングでクルー2名が負傷.
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
132
0
0
21
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
2200 Thunder&Colt / ? Thunder&Colt / ? 284 158 最終着陸時 トレーニング
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
パッセンジャーが首の軽い捻挫,Pu/t顔面打撲. 強風下のフライト 無し 無し
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
強風下の着陸時,上から人に乗られて引きずられたため首を捻挫.もう1名が位置を変えようとしてバスケットから転落. 強風下のランディングにおいて,着陸前に的確な対処方法について説明すべきだった.

↑このページのTOPへ


整理番号:97-024
受付日 発生日 発生時刻 発生場所 概要
1998.1.24 1998.1.17 18:40 北海道河東郡音更町 十勝川温泉 インフレ中,接続していないバルブを間違えて開けたため,ガス噴出.
パイロットの飛行時間
総P1 30日 90日 1年
821
6
11
69
機体データ・気象条件
機体
サイズ
球皮メーカー
タイプ
バーナーメーカー
タイプ
機体飛行時間 飛行回数 事故発生時点 飛行目的 気象 気温 風速
3000 CAMERON / shaped CAMERON / Mk4 W 65 66 インフレ中 係留
損害・原因・連絡
損害 原因 保険 損害額 連絡
なし 判断ミス 無し 0 無し
状況・コメント
状況 P1コメント インストラクター
コメント
リキッドタイプのバーナーで1系統のみでインフレ中,出力が低下したため,反対側のバルブを開こうとして間違えた. 接続されているホースのコックを確認しないで開けてしまった.国産のシリンダーの充填側のコックは何らかの対策が必要である様に感じられた. パイロットの単純なミス.2系統共すぐに使用可能な状態でインフレしていたら,このようなミスは防げたと思われる.

↑このページのTOPへ