本文へ
99年の事故の特徴

事故調査委員会TOPへ戻る

  • 強風下でのフライトによる事故の報告が多い。
    • 5m以上の状況での事故:11/23件
      • 着陸時:5件 008,023,003,004,016
      • インフレ、離陸時:4件 001,006,022,019

    機体の性能に頼り、無理な状況でのフライトを決断したのではないか。着陸の決断と操作に、躊躇が見られる。

  • 損害の大きい事故が報告されている。
    • 損害額が100万円を越える報告が3件 008,004,016
    • 未定のものの内、越えると思われるものが1件 023
    • クルーが重傷を負った事故が2件 008,023

    やはり、フライトおよび着陸の判断ミスにより、不利な状況に追い込まれている。

  • クイックリリースにからむ報告が5件 001,022,005,007,009

    クイックリリースの操作と、クイックリリース使用時の気球の挙動について、もっと実地訓練をする必要がある。

  • トレーニング中の事故が5件報告されている 023,022,005,002,009
    • 電線接触: 3件
    • 車に接触: 1件
    • 屋根に接触: 1件

    PICが手を出すタイミングが遅いのではないか。

↑このページのTOPへ