本文へ
バルブに付着した微小な粒について

事故調査委員会TOPへ戻る

2007年2月12日
 事故調査委員会

 今年になって2件、メインバルブに小さな金属のような粒(直径0.1mm〜0.3mm)が多量に詰まり、バルブの作動不良を起こす事故が発生しています。
 これは、容器検査時に、シリンダーの中に入っていたものが、使用中(飛行中)に液ガスと一緒に流れてきて、バルブ内に付着したと考えられます。 (下の写真参照)

 この粒は、容器検査所によると、前の塗装(充填期限等)を剥がすときに使われるもののようです。

 シリンダーを検査してもらう時には、この粒がシリンダー内に残らないようにしてもらってください。
 容器検査を依頼しているところへ、この粒を取り除いてくれているか問い合わすと共に、可能ならば、ディーラー等に問い合わせて、使用しているシリンダーの中を確認してください。




バーナーバルブを分解したところ
バーナーバルブを分解したところ
ネジ部に白く、粒が見える

バーナーバルブを分解したところ
シリンダーから出て来た金属(?)の粒
 写真は1本のシリンダーから出て来たもの


↑このページのTOPへ