本文へ
事故調査委員会

事故調査委員会のミッション(連盟細則より)
  1. 事故調査委員会(以下「委員会」という)は、気球による事故の防止に必要と思われる事項について、調査・研究及び運営を行う。
     
  2. 1.気球による事故の原因を究明するための調査を行うこと。
  3. 2.気球の事故を防止する観点から必要な調査研究を行うこと。
  4. 3.調査結果に基づき、事故の防止のため講ずべき施策について勧告あるいは建議をすること。
  5. 4.気球の事故に関する講習会、展示会などの主催、公認及び後援。
  6. 5.上記に付帯する一切の事業。

各書類はPDFファイルになっています。参照にはアクロバットリーダーが必要です。http://www.adobe.com/jp/よりダウンロード出来ます。
get adobe reader

今年の事故概要
  1. 2022-001 (2021年10月24日/滋賀県/着陸時に球皮を引っかけた)
  2. 2022-002 (2022年01月10日/佐賀県/着陸時に川に着水)
  3. 2022-003 (2022年04月01日/岐阜県/着陸時に球皮溶損)
  4. 2022-004 (2022年04月10日/兵庫県/着陸時に球皮を引っかけた)
  5. 2022-005 (2022年06月08日/佐賀県/競技飛行中の開口部焼損)
  6. 2022-006 (2022年03月22日/岡山県/着陸時に引きずられ球皮損傷)
  7. 2022-007 (2022年07月01日/兵庫県/ハードランディングでリジッドポール破断)
  8. 2022-008 (2022年05月04日/京都府/係留インフレ時に球皮損傷)
  9. 2022-009 (2022年10月15日/岩手県/競技飛行中の開口部焼損)
  10. 2022-010 (2022年10月15日/岩手県/競技飛行中の開口部焼損)
  11. 2022-011 (2022年10月23日/佐賀県/AEROSTRセッティング不良)
  12. 2022-012 (2022年11月05日/佐賀県/競技飛行中の開口部焼損)
   (詳細の閲覧は連盟会員限定:ログインID/パスワードが必要です)


事故関連書類
  1. 事故状況報告書(2011/04/04)
  2. 事故状況報告書(2011/04/04)
  3. ACCIDENT REPORT FORM(2011/04/04)
  4. 提出先: 小濱眞哉 (CA138)

事故に関する質問・要望は下記へ

 事故調査委員長

  小濱眞哉