本文へ
国際気球委員会参加報告

古川浩美(FB541)

3月19日から22日にかけて、スイスのローザンヌで開催された標記の会議のうち参 加した各分科会等についその内容を報告します。

●参加した分科会等
3月19日 AXワーキンググループ、スコアリングワーキンググループ
3月20日 オフィシャルス分科会、パブリック&メディアリレーション分科会、オー プンフォーラム(ブラジル世界選手権について)
3月21、22日 本会議

AX ワーキンググループ、スコアリングワーキンググループ
それぞれ一年を通してネットを通して継続された内容の最終確認を会議でなされた。 AX ワーキンググループについては、ロガーイベントとロガーなしイベント両方のルー ルをミックスさせたルールの更新がなされており、オブザーバーを使ったイベントには、 なじまないまたは矛盾が生じる部分も見られる 。
オフィシャルス分科会
資料(会議詳細、COH へのオフィシャルに関する追加部分、最新のチーフオブザーバー リストは別に添付)
○分科会の主な内容
  • 世界選手権、大陸選手権のイベントディレクターに新たに日本の副島弘壮氏が追加さ れた。
  • チーフオブザーバーから聞き取りした、各国のオブザーバーを使った大会について、
    リストアップ
  • 各国チーフオブザーバーリスト更新
  • COH にどの規模の大会には、どのくらいの役員がいるのが望ましいなどの目安を掲載
    してもらうため、文案を作成。
  • 長年この分科会の議長であった、Martine Besnainou 氏(FRA)が辞任し、後任にはSteve Ireland 氏(AUS)が就任。

パブリック&メディアリレーション分科会
メンバーとしての会議参加者は私一人で、あとの参加者は全てオブザーバーであった。 ただし、私自身 2014 年にはメンバーとしての活動を継続を希望していない旨、CIA 会 長 J.C. Weber 氏に伝えており、新年度の計画等について話を進めるのは適当でないと 考え、会議に参加したオブザーバーの方々の意見をまとめて、事務局 Alex Negorski と J.C.Weber 氏へその内容を伝えた。その内容は別紙のとおり。 * 本会議の際、この分科会については、必要となるまで活動を留保することとなった。

本会議
本会議については、今後 CIA から公表される資料を参照していただきたい。

オープンフォーラム
オープンフォーラムのテーマは今年ブラジルで開催される予定の世界選手権について であった。主催者が質問に答える形で進められた。 主な内容は主催者が当初世界選手権立候補時に約束していたものを、提供しないもしく は、提供内容が変わったのはなぜか、というものであったが、主催者としては、「解釈 の違い」といい、平行線の話が続いた。

↑このページのTOPへ